税金をクレジットカードで納めるメリット

この頃、クレジットカードで税金などの支払いが可能な自治体が増加しています。税金をクレジットカード払いにするとどのようなメリットがあるのでしょうか。窓口まで払い込みに行かなくてもいいことが、クレジットカードを使うメリットです。納付しなければならない銀行があるたびに銀行まで行かなくても良いので忙しい人でも安心です。納付をうっかり忘れてしまうという心配もありません。税金の支払いが発生する日と、クレジットカードの清算日はそれぞれ違っているためタイムラグがあり、通帳のお金がその時点では足りずとも税金を支払うことができます。つまりクレジットカードで支払えば資産が少ない状態でも締め切りに間に合わせて納付することが可能です。クレジットカードを使って5月に自動車税の支払いを済ませた場合でも、カードからの清算は6、7月に先送りすることができます。処理日は納税日になるので延滞料はかかりません。リボ払いに設定したクレジットカードを使っている場合、カード払いの請求金額は納税額が多くとも一定です。クレジットカードで税金を支払うメリットは他にもあります。税金を納めた金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まることです。コンスタントに税金をカード払いにしていれば、1年間で入るポイントは結構なものです。毎月の明細がクレジットカード会社から郵送されてきますので、家計管理も一目瞭然です。さまざまなメリットがあるので税金の支払いをクレジットカード払いにしてみてはいかがでしょうか。

税金のクレジットカード払いの注意点

近年、クレジットカード払いで税金が支払える地域が多くなっています。どうせ支払う税金であれば1%でも還元してもらいたいものです。税金の払い込みにクレジットカードを使う時、留意すべきことはどんなことでしょう。ひとつは自分の住んでいる自治体がクレジットカード払いを扱っていない場合があることです。また、クレジットカードで支払う場合は、手数料が税金に加算されていることがあります。手数料で315円が必要になる場合、クレジットカードの還元率によってはあまり得にならないこともあります。仮に自動車税を39,500円支払うという場合、0.5%のポイント還元率なら197ポイントですし、1%なら395ポイントになります。315円の手数料を支払うとなると支払う金額にもよりますが1%還元であってもあまり得をするという感じはしません。クレジットカードで税金を支払う方法は、ネットからの手続きもできるため、便利なサービスであるとはいえるでしょう。クレジットカード払いの場合、大変なのがクレジットカードを紛失してしまった場合のリスクもあります。紛失などのトラブルが発生するとすぐにクレジットカードの機能を止めなければいけないので、結果的に税金の納付手続もできなくなってしまいます。税金のクレジットカード払いにはメリットとデメリットがありますのでよく検討してから利用するようにしましょう。

税金をクレジットカードで支払う方法

クレジットカードで税金を払うにはどうすればいいでしょう。税金や公共料金の支払いを現金や口座振替で行っている人も多いようです。クレジットカードとnanacoカードの組み合わせで支払うとかなりお得だということをご存じでしょうか。もしも、税金の払い込み票にバーコードがついておりコンビニで使えるものなら、nanacoカードで払うことができます。ただ税金の支払いに関してnanacoポイントはつきません。現金チャージをする方法ではまったく意味がありません。nanacoカードにクレジットカードからチャージを行い、そこから支払うことでポイントを貯めることができるのです。クレジットカードからnanacoカードのチャージをするとポイントがたまるものがあるので確認をしてそのカードを使いましょう。具体的にはまず、セブンイレブンで所定の手続きをすることで、nanacoカードを手に入れてください。おサイフケータイを持っている人はnanacoモバイルを登録すればOKです。nanacoカードにクレジットカードからチャージを行う場合、ちゃんとポイントが入るものかは確認してください。よく調べてから利用するようにしましょう。クレジットカードでnanacoカードのチャージをするためには事前登録をしなければなりません。限度額がnanacoカードのチャージには設定されています。納付する税金の金額によっては、額が大きすぎて払えないということもあります。一括払いにせずに、小分けにして支払うなどしましょう。nanacoカードとクレジットカードを上手に組み合わせればポイントをためながら税金の支払いをすることが可能です。